【Kindle】マンガ作品集『習慣ハッカー』発売しました!

Evernoteを使ったシンプルなプロジェクト管理術

タスク管理する


クリエイターとして活動されている方はみなさん、多少なりとも複数のプロジェクトを抱えてお仕事されてることと思います。
僕の漫画家活動も、たとえばブログ執筆に電子書籍執筆、雑誌連載にイベント開催など、いろんなプロジェクトがあります。

僕はそれらの管理をEvernoteを使ってやっていますので、今回はそのやり方をご紹介いたします。

4つのスタックでプロジェクトを管理

僕のEvernoteの中には、プロジェクトを管理する部分として大きく以下の4つのスタックを作っています。

  • 未着手プロジェクト
  • 進行中プロジェクト
  • 保留中プロジェクト
  • 完了プロジェクト

ひとつひとつ説明していきます。

未着手プロジェクトのスタック


その名のとおり、まだ手を付けていないプロジェクトの集まりです。
スタックの中には、「発起日_プロジェクト名」の名前で作ったノートブックが並びます。
それぞれのノートブックの中には資料やタスク、ログといったノートが入っています(その分類はタグで管理しています)。

まだプロジェクトになりきれていない小さなアイデアは、「00000000_未プロジェクト化」にとりあえず置いてあります。

進行中プロジェクトのスタック


手を付け始めたプロジェクト、現在進行中のプロジェクトはこのスタックに移動してきます。

ここが多くなり過ぎるといろいろ回らなくなって大変。

保留中プロジェクトのスタック


ある時までは進行してたけど、何らかの理由で未完了のまま止めているプロジェクトの集まりです。

定期的に眺めて、復活させるか完全にやめるか検討したりします。

完了プロジェクトのスタック


完全に役目を果たしたプロジェクトの集まりです。
自分がやってきたことのログなので、眺めるとなんとなく自信が湧いてきます!

と、比較的シンプルな運用でプロジェクトを管理しています。
構築も難しくありませんので、Evernoteでプロジェクト管理してみたい!という方はぜひ真似してみてくださいね。

達人たちのやり方が学べるこちらの本は非常に参考になります!

「そもそもEvernoteがよくわからない」という方には、こちらの拙著がオススメですよ!

Posted from するぷろ for iOS.

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD

タイトルとURLをコピーしました