新刊電子書籍「マンガでわかる!隣の”デキる風”社員」発売!

電子書籍はアウトプットの終着点ではなく、そこからまた活動の幅が広がることもある

アウトプットの巻


まだちょっと詳細はお話できないのですが、とある方からひとつ新しいお仕事のお話をいただきました。
依頼内容は僕にとって新領域の開拓といえるような、ちょっと今までやったことないお仕事。

依頼してくれた方との面識も今まで全く無かったし、知り合いの知り合いだった…というわけでもなさそうです。たぶん。
僕のことは電子書籍を読んで知って、それでお仕事の依頼をしようと思ってくださったそうです。

それでちょっと驚いたというか気づいたのは、電子書籍からさらに活動の幅が広がることもあるんだなぁってこと。

なんとなく自分の中で電子書籍化って、アウトプットの終着点のようなイメージがあったんですよね。
書籍化っていかにも最終目標っぽいし、収益化の手段としてわかりやすいし。

だから、ブログやイベントなどの活動から最終的には電子書籍というアウトプットにつなげて、マネタイズする。
それが僕の王道的なスタイルなんだろうとなーんとなく思っていたのですが、必ずしもそうではないということがわかりました。

電子書籍はアウトプットの終着点ではなく、始発点にも通過点にもなりうるんですね。
このことに気づけたおかげで、また少し視野が広がった気がします。

Posted from するぷろ for iOS.

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD

タイトルとURLをコピーしました