bit:コンピュータが表せる情報量の最小単位。【IT用語003】

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

bit(ビット)

bit(ビット)

【bit(ビット)】


bit(ビット)とは、コンピュータが扱う情報の最小単位。
1ビットというのは1つのスイッチみたいなもので、
1ビットあればONとOFFのような、
2種類の情報を表すことができます。
これが2ビットになると上の漫画で言うように、
表せる情報量は4つになります。
更に4ビットなら16種類、8ビットなら256種類と
表せる情報量は大きくなります。
つまりビット数をnとしたとき、nビットで表せる情報量は
「2のn乗」で求めることができます。
何ビットの頭脳を持ってるか
(何種類の情報を一度に処理できるか)が、
パソコンやゲーム機の性能の指標のひとつだつたりします。
僕の好きなゲーム機を例に出させていただくと、
ファミコンは8ビットマシンでしたがNintendo64は64ビット、
ニンテンドーDSは32ビットです。
Windowsパソコンは現在32ビット版が多く出回ってますが
64ビット版もだんだん増えてきた、という状態ですかね?
ビット数が多ければ高性能かというと
そういうわけでもないんですけどね。
ちなみに、8ビットになると単位が変わって
1バイトと呼んだりします。

読んでくださってありがとうございます。
当ブログはランキングに参加しています。
皆さんのご協力クリックをお願いいたします!
 ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

フォローしていただけると、更新情報を見逃しません!

noteマガジン連載中です!

noteマガジン連載中です!

noteにて月額300円の定期購読マガジン『岡野純マガジン〜会社員×漫画家の複業日記〜』を公開しています。
会社員と漫画家のパラレルワーカーである岡野純の実生活、思考、行動、舞台裏を絵日記形式などで綴ります。毎週木曜日配信です。

岡野純の著書
スポンサーリンク

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD