強いカードが揃ってなくてもゲームは始められる。スキルや実績が十分じゃなくても行動は起こせる。【 #CHANGESGAME 執筆日記】

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

「CHANGES GAME」はカードゲームをモチーフにしているので、多くの人はいわゆる「トレーディングカードゲーム」のようなものをイメージされると思います。

トレーディングカードゲームとは、各プレイヤーがコレクションしたカードの中から、自由に、あるいはルールに則して組み合わせたカードの束(「デッキ」と呼ぶ)を持ち寄り、2人以上で対戦を行うゲームである。

アメリカの『マジック:ザ・ギャザリング』から始まり、『ポケモンカードゲーム』『遊戯王OCG』『デュエル・マスターズ』などによって日本で大きく広まった。
ーWikipediaより

ーが、僕はこのトレーディングカードゲームの類を全くやったことはありませんし、「CHANGES GAME」もトレーディングカードをモチーフにしているわけではなかったりします。

しいて言うなら、「ドミニオン」というカードゲームに近いかもしれません。
厳密にいうとそれともだいぶ違うのですけど、「デッキ構築型」と呼ばれるゲームという点において非常に近いものがあります。

ドミニオン (Dominion) は、アメリカのボードゲーム(カードゲーム)。2008年秋にアメリカのリオグランデゲームズ(英語版)社より発売され、日本では2009年にホビージャパンが完全日本語版を発売している。

プレイヤーは場に準備された山札から任意のカードを購入しデッキを構築していく事で領地を拡張する。このカードの購入とデッキの構築プロセスそのものが、ゲームプレイの主軸に据えられている点が、本作最大の特徴となっている。
ーWikipediaより

つまりトレーディングカードゲームのように「デッキを組んでから勝負に挑む」のではなく、「デッキを組むこと自体がゲームの一部として組み込まれている」というイメージです。

このようなタイプのゲームにした理由は、「デッキを構築できてないから勝負に挑めない」という人を減らしたかったからです。

強いカードが揃ってなくても、ゲームは始められる。
スキルや実績が十分じゃなくても、行動は起こせる。

そういうメッセージを込めたゲームにしたいと思ったのです。

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

フォローしていただけると、更新情報を見逃しません!

noteマガジン連載中です!

noteマガジン連載中です!

noteにて月額300円の定期購読マガジン『岡野純マガジン〜会社員×漫画家の複業日記〜』を公開しています。
会社員と漫画家のパラレルワーカーである岡野純の実生活、思考、行動、舞台裏を絵日記形式などで綴ります。毎週木曜日配信です。

岡野純の著書
スポンサーリンク

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD