子供に時間通りにお片付けさせる方法とそれに学ぶタイムマネジメント

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

うちの奥さんは、子どもに遊び終わった後の片づけをさせるときに時計を指して、「長い針が3から6の間で片づけなさい」などと言います。そう言われると子どもたちは割とちゃんと片づけをします。我が奥さんながら、これはなかなかにうまい言い方だなーと感心しました。4歳の娘はまだ時計がちゃんと読めるわけではありませんがアナログ時計であれば、針の長さとその間隔でなんとなく時間の感覚は掴めるようになってきているようです。ここで重要なのは「6までに片づけなさい」ではなく「3から6の間で片づけなさい」と言っていること。つまり「いつまでにやるか?」だけではなく「いつ始めるか?」…これが明確になっていることで、子どもはすごく動きやすくなるのです。

これがもし「6までに片づけなさい」だったらどうでしょう。きっと子どもは「6」という締切の数字しか意識できず、ギリギリまで遊び、結局間に合わないという状態になるのではないでしょうか。結果、指示した時間内に片づけが終わららなくてもそれほど問題ではありません。それよりも今は片づけに要する時間、そしてそれに間に合うように片づけを開始する、ということを子どもが理解することだと思うからです。最近はだいぶそのへんが鍛えられてきたようで、僕が「6から8で片づけて」と指示すると「え、ムリ、6から9ならいいよ」などと返してくるようになりました…でもそれでいいのです!期日も重要ですが、その作業の見積時間と、手をかけ始めるのはいつか?を明確にすること。これは僕たちの仕事などでも意識すべきことですね!

スポンサーリンク

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

フォローしていただけると、更新情報を見逃しません!

佐々木正悟さんとの共同メルマガ「コミカル!」配信中です!

佐々木正悟さんとの共同メルマガ「コミカル!」配信中です!

シゴタノ!の佐々木正悟さんとの共同メルマガ「コミカル!〜漫画で読めるライフハックマガジン〜」を毎週月曜日に配信しています。
仕事術ややる気に関する知見・情報をわかりやすくマンガで、佐々木正悟さんのコメントと共にお届けします。

ご登録はこちらからお願いします!
岡野純の著書
スポンサーリンク

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD