メモリ:パソコンが一度に処理できる仕事量を左右。【IT用語008】

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

009_memory1.jpg

009_memory2.jpg

【メモリ(memory)】


メモリとは、コンピュータ内でデータやプログラムを
一時的に保存しておく場所のことを指します。
主記憶装置、一次記憶装置、メインメモリなどとも呼ばれます。
仕事をする人(MPU)が直接する作業をする場所であり、
書類などを広げるための机のイメージです。
机(メモリの容量)が大きければ大きいほどMPU
たくさんの書類(プログラム、データ)を同時に広げたり、大量の仕事をスムーズにこなすことができます。
机が小さいのに無理に沢山の書類を広げようとしたりすると、
「メモリ不足」ということでソフトが起動できなくなったり、
あげくの果てにはMPUがいっぱいいっぱいになって
パソコンごとフリーズしちゃったりするわけですね。
つまりパソコンを快適に動かすには大きい容量のメモリを
用意して、なるべく常にきれいに片付けておくこと
(メモリを解放する、といいます)!
パソコンも人間も机はきれいにしておいたほうが、
仕事しやすいってことなんですね。
読んでくださってありがとうございます。
当ブログはランキングに参加しています。
皆さんのご協力クリックをお願いいたします!
 ↓
人気ブログランキングへ



スポンサーリンク

「いいね!」と感じたらシェアをお願いします!

フォローしていただけると、更新情報を見逃しません!

noteマガジン連載中です!

noteマガジン連載中です!

noteにて月額300円の定期購読マガジン『岡野純マガジン〜会社員×漫画家の複業日記〜』を公開しています。
会社員と漫画家のパラレルワーカーである岡野純の実生活、思考、行動、舞台裏を絵日記形式などで綴ります。毎週木曜日配信です。

岡野純の著書
スポンサーリンク

Featuring Recent Posts WordPress Widget development by YD